総会資料

平成19年度(2007)総会資料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平成18年度 活動報告

1.総会・役員会の開催

(1)総 会
・平成18年6月18日(日)13:30~ 「地球市民かながわプラザ」
・講演:「ALS患者のリハビリテーションについて」、川崎協同病院 村越妙美さん
・交流会

(2)役員会
4月15日、5月20日(個人宅)、6月3日、7月15日(個人宅)、8月19日、9月9日、
10月14日、11月18日、12月16日、1月27日、2月24日、3月31日

2.患者・家族交流会の開催

・平成19年1月18日(木) 平塚保健福祉事務所「3階大会議室」約40名

3.「支部だより」の発行

・第28号:平成18年4月25日
・第29号:平成18年9月26日

4.その他の活動等

(1)パルスオキシメーターの貸し出し事業
貸し出し時、返却時の訪問で、6名の方々を訪問している。
発病から在宅療養までの経過や電話での相談など、それぞれの方の療養状況などが、新しい方々の相談に対応する際に参考になることが多いのを痛感している。
気管切開や呼吸器装着をしたばかりの貸し出し希望が今のところ一番多い。
また、医療機関も購入を勧めている。また、家族は入院のきっかけや、医師、看護師への相談、救急車を呼ぶなどの目安として利用されている。

訪問時、在宅療養に入られたばかりの方々には「ALSケアブック」のほか、協会本部、支部で発行している「JALSA」、「支部だより」などを参考にしてもらうよう、渡すようにしている。

<貸し出し中が6個、在庫が1個>
横浜市1名、相模原市1名、小田原市1名、藤沢市1名、横須賀市1名、町田市1名
(上記のうち、平成18年度中の貸し出しは3名)
(2002年度に購入5個、2003年度に寄付1個、2006年度に購入1個)

(2)役員等の活動
・ 4月 8日:相模原市の花見会(島崎ほか)
・ 5月27日:日本ALS協会総会(東京、島崎ほか)
・ 5月28日:小田原市の患者さんの訪問(島崎宅へ)
・ 6月16日:県内の患者さんに文字盤を贈る(島崎)
・ 6月20日:茅ヶ崎市の患者さんが訪問(島崎宅へ)
・ 6月24日:ALS講演会・交流会への参加(旭区役所、長岡、島崎ほか)
・ 7月14日:県の歯科衛生士、保健師、小田原市立病院の先生2人が見学(島崎宅へ)
・ 8月28日:アルファ福祉専門学校での難病ヘルパー講義(長岡)
・ 9月 5日:小田原市の患者さんの訪問(島崎宅へ)
・ 9月 7日:歯科衛生士、保健師、県立足柄上病院の先生が訪問(島崎宅へ)
・ 9月15日:3区合同ALS患者相談会(都筑区役所、長岡、島崎ほか)
・10月 1日:毎日新聞記者が取材に訪問(島崎宅)
・10月21日:ALS交流会(宮ケ瀬ダム、島崎ほか)
・10月24日:在宅人工呼吸器に関する指導者養成講習会(東京、長岡)
・10月31日:カンファレンスの開催(小田原合同庁舎、島崎)
・11月 4日:難病ALSを語る対談と映画鑑賞「二人日和」(ヴィアマーレ、長岡、島崎ほか)
・11月 7日:茅ヶ崎市の患者遺族さんが訪問(島崎宅へ)
・11月10日:往診先生がヘルパーさん達7名に吸引講習会(島崎宅)
・11月11日:小田原市の患者さんの訪問(島崎宅へ)
・11月25日:サポート祭りに招待、参加(小田原市マロニエ、島崎)
・11月28日~30日:ALS国際会議、本部20周年記念式典(長岡、島崎ほか)
・12月19日:小田原市レンゲの里施設見学、小田原技術学校学生に口腔ケア実践(島崎)
・ 2月19日:特定疾患担当者研修会講義(県健康増進課、長岡)
・ 3月10日:茅ヶ崎市の患者さんが訪問(島崎宅へ)
・ 3月15日:ALS交流会(保土ヶ谷区役所、長岡、島崎ほか)
・ 3月31日:お花見と交流会(相模原市、島崎ほか)

平成18年度 決算報告

1.一般会計


収入総額    1,656,761円
支出総額    1,428,619円
次年度繰越金   228,142円
(1)収入の部(単位:円)

項  目
予 算 額
決 算 額
備   考
本部助成金
300,000
272,000
各種助成金
0
0
寄付金
60,000
1,154,000
映画会、個人
その他収入
30,500
21,261
ケアブック、利息
繰越金
209,500
209,500
前年度繰越金
合 計
600,000
1,656,761

(2)支出の部(単位:円)

項 目
予 算 額
決 算 額
備  考
会議費
100,000
83,190
総会、役員会
支部だより
150,000
101,880
2回発行
活動費
150,000
158,020
患者訪問・ケアブック
・20周年へ寄付等
通信費
130,000
49,457
事務費
40,000
7,272
事務用品
積立金
0
1,000,000
県難連負担金
25,000
28,800
予備費
5,000
0
合 計
600,000
1,428,619

2.機器整備費積立金会計

平成17年度末残高  260,113円

平成18年度積立金 1,000,000円

平成18年度支出       0円

平成18年度利息      494円

平成18年度末残高 1,260,607円

監査の結果、上記に相違ないことを認めます。

平成19年6月

会計監査 樺山  理枝

長島 智栄子

 

 

平成19年度 活動方針

日本ALS協会の活動を踏まえて、地域に即した活動を行いたいと思います。

1.県内の患者の把握と交流に努めます。

2.専門職の方々との交流を深め、理解を求めていきます。

3.患者家族のために、関係行政機関への働きかけを行っていきます。

4.福祉・医療等の各制度が、患者・家族にとって真に役立つものとなるよう、
行政や関係機関への働きかけを行っていきます。

5.「支部だより」を発行します。

6.医療・福祉機器に関する貸し出しとして、引き続きパルスオキシメーター
の貸し出しを行います。

7.「神奈川県難病団体連絡協議会」とともに、難病に共通する医療や福祉の
問題の解決を目指していきます。

 

平成19年度 予 算

1.一般会計


収入総額     600,000円
支出総額     600,000円
(1)収入の部(単位:円)

項  目
予    算   額
備   考
平成19年度
平成18年度
本部助成金
272,500
300,000
各種助成金
0
寄付金
60,000
60,000
その他収入
39,358
30,500
繰越金
228,142
209,500
合 計
600,000
600,000

(2)支出の部(単位:円)

項 目
予  算  額
備   考
平成19年度
平成18年度
会議費
100,000
100,000
支部だより
150,000
150,000
活動費
150,000
150,000
通信費
130,000
130,000
事務費
35,000
40,000
積立金
0
0
県難連負担金
30,000
25,000
予備費
5,000
5,000

合 計

600,000
600,000

2.機器整備費積立金会計

平成18年度末残高   1,260,607円

平成19年度積立金        0円

平成19年度利息(見込み)    500円

平成19年度末残高   1,261,107円

 

 

平成19年度 役員人事

支部長(1) 長岡 紘司 患者
副支部長(2) (欠員)
運営委員(6) 鈴木 利一 患者
吉福 秀一 患者
島崎 寛 遺族
小池 純子 専門職
布施 恒子 専門職 機器貸し出し担当
野田 光子 専門職
事務局長(1) 多比羅千賀子 専門職
書 記(2) 窪田 洋子 遺族
鈴木 啓一 一般
会 計(1) 高橋 洋子 遺族
net担当(1) 小坂 博信 家族
監 査(2) 樺山 理枝 専門職
長島 智栄子 遺族
顧 問(9) 本多 虔夫 医師
古和 久幸 医師
黒岩 義之 医師
篠原 幸人 医師
若山 吉弘 医師
渡辺 良 医師
石原 傳幸 医師
長谷川一子 医師
小出 隆司 医師
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*