3号研修

10/21 喀痰吸引等 第3号研修を臨時開催しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2017年10月21日(土)に、神奈川県横浜市港南区のウィリング横浜において喀痰吸引等 第3号研修(基本研修)を臨時で開講しました。

かねてから企んでいた、「現場の求めに応じて開催する3号研修」です。こうした形の研修も必要だよね、と推進役だった支部メンバーが急逝してしまい、彼女の思いを遅ればせながら実現した手向けの企画でもあります。

規模は小さいですが、帰国子女・子弟の方、外国籍の方の参加もありました。

今回は従来と違った試みの研修でいろいろと得るものがあり、今後に生かしたいと思います。

写真1(9467):始まりのことも含めて3号研修制度について


写真2(9469):訪問医の立場から望むことも含めて治療的ケアの要点について


写真3(9495):実地研修で戸惑わにように演習に時間をたっぷりとっています。

写真4(9501):開講前1週間ごろから予習をして、試験対策は万全です。(タイトル画像)

 

並行して懇談・相談の場を設けました。相談の患者さんとご家族がこれを契機に良好な生活環境を築かれていきますように願っています。

(日本ALS協会神奈川県支部 岸川忠彦)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*