総会資料

平成18年度(2006)総会資料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平成17年度 活動報告

1.総会・役員会の開催

(1)総 会
・平成17年6月4日(土)13:30~ 相模原市「あじさい会館」約60名
・講演会:「どう変わる?介護保険・支援費制度」日本ALS協会金沢事務局長
・懇談会

(2)役員会
4月2日、5月14日、6月18日、7月16日、8月20日、9月24日、10月22日、
11月19日、12月10日、1月21日、2月25日、3月11日

2.患者・家族交流会の開催

・ 平成18年3月11日(土) 横須賀市「勤労福祉会館・ヴェルクよこすか」約40名

3.「支部だより」の発行

・ 第27号:平成17年11月7日

4.患者訪問・他支部・関係機関等との関係

(1)パルスオキシメーターの貸し出し
貸し出し希望は、ほとんど患者さんに関わっている医療関係者などからの相談の中で出されるが、本年度はALS協会に加入している(家族)から希望があって貸し出したケースもあった。

<貸し出し中>5台(横浜市、二宮町、津久井町、小田原市) <在庫>2台

患者・家族以外の問い合わせについては、以下のお話をしている。
( I ) 患者・家族から改めて直接担当者に連絡をもらうように伝えている。
(II ) 行政より支給される人の場合があるので、それを優先してほしいことを伝える。
(III) 患者会の事業として行っているので、訪問時に患者会に未加入の方は入会の
お勧めをすることを伝えていただく。

(2)長岡支部長(夫人)の活動
・  5月25日:アルファ福祉専門学校で難病ヘルパー講義
・  9月27日:同上
・ 10月27日:医療機器に関する指導者養成講習会(大阪)
・ 12月20日:アルファ福祉専門学校で難病ヘルパー講義
・  3月23日:同上

(3)島崎副支部長の活動
・ 4月17日:小田原市立病院の紹介で、市内家族が見学に訪問
・  5月20日:県歯科衛生士、東海大学歯学部学生2名、ヘルパーさんと口腔ケアの実践
・  5月28日:本部総会に参加(東京、戸山サンライズ)
・  6月15日:ディサービスにて、茅ヶ崎市2名、小田原市2名、養護学校教諭が吸引の
見学
・  8月下旬 :町田市より患者さんと家族が見学に訪問
・  9月22日:ディービスのスタッフさん達が、私の吸引を横浜学会で発表
・ 10月29日:宮ケ瀬の集いに参加
・ 11月 2日:病院の看護師さんより、ALSについての原稿依頼
・ 12月 1日:文字盤を作るための見本の貸し出し
・ 12月 9日:県よりアンケート、要望の聞き取り調査に訪問
・ 12月13日:合同庁舎でカンファレンスの実施(県職員、支部役員も参加)
・  1月13日:茅ヶ崎市の患者家族より手紙で相談。後に文字盤の相談も。
・  2月 3日:小田原技術校よりマッサージの実践
・  3月11日:横須賀市での交流会に参加
・その他    :全国よりのメールに対応

 

 

平成17年度 決算報告

1.一般会計


収入総額     531,162円
支出総額     321,662円
次年度繰越金   209,500円
(1)収入の部(単位:円)

項  目
予 算 額
決 算 額
備   考
本部助成金
300,000
316,655
各種助成金
0
0
寄付金
100,000
52,500
その他収入
55,508
17,515
繰越金
144,492
144,492
前年度繰越金
合 計
600,000
531,162

(2)支出の部(単位:円)

項 目
予 算 額
決 算 額
備  考
会議費
100,000
90,500
総会、役員会等
支部だより
150,000
46,480
1回発行
活動費
150,000
103,460
患者訪問、各種会議参加
通信費
130,000
60,930
記念誌送料、切手代等
事務費
40,000
5,292
事務用品
積立金
0
0
県難連負担金
20,000
15,000
予備費
10,000
0
合 計
600,000
321,662

2.機器整備費積立金会計

平成16年度末残高  307,361円

平成17年度積立金      0円

平成17年度支出    47,250円(機器購入費)

平成17年度利息       2円

平成17年度末残高  260,113円

監査の結果、上記に相違ないことを認めます。

平成18年6月3日

会計監査 樺山  理枝

佐々木 奈保子

平成18年度 役員人事

平成18年度 役員人事

支部長 長岡 紘司 患者
副支部長 島崎 八重子 患者
監 査 樺山 理枝 専門職
長島 智栄子 遺族
顧 問 本多 虔夫 医師
古和 久幸 医師
黒岩 義之 医師
篠原 幸人 医師
若山 吉弘 医師
渡辺 良 医師
運営委員 鈴木 利一 患者
吉福 秀一 患者
島崎 寛 家族
小池 純子 専門職
布施 恒子 専門職 機器貸し出し担当
野田 光子 専門職
(事務局) 事務局長 多比羅千賀子 専門職
     書 記 窪田 洋子 遺族
鈴木 啓一 一般
     会 計 高橋 洋子 遺族
     net担当

 

 

平成18年度 活動方針

日本ALS協会の活動を踏まえて、地域に即した活動を行いたいと思います。

1.県内の患者の把握と交流に努めます。

2.専門職の方々との交流を深め、理解を求めていきます。

3.患者家族のために、関係行政機関への働きかけを行っていきます。

4.介護保険制度が改正され、障害者自立支援法が施行され、福祉サービスに関する手続き等が大きく変化しています。
各制度が、患者・家族にとって真に役立つものとなるよう、行政や関係機関への働きかけを行っていきます。

5.「支部だより」を発行します。

6.医療・福祉機器に関する貸し出しとして、引き続きパルスオキシメーターの貸し出しを行います。

7.「神奈川県難病団体連絡協議会」とともに、難病に共通する医療や福祉の問題の解決を目指していきます。

8.今秋、横浜で開催される第17回ALS/MND国際シンポジウム/第14回国際同盟会議に積極的に協力します。

 

 

平成18年度 予 算

1.一般会計


収入総額     600,000円
支出総額     600,000円
(1)収入の部(単位:円)

項  目
予    算   額
備   考
平成18年度
平成17年度
本部助成金
300,000
300,000
各種助成金
0
寄付金
60,000
100,000
その他収入
30,500
55,500
繰越金
209,500
144,492
合 計
600,000
600,000

(2)支出の部(単位:円)

項 目
予  算  額
備   考
平成18年度
平成17年度
会議費
100,000
100,000
支部だより
150,000
150,000
活動費
150,000
150,000
通信費
130,000
130,000
事務費
40,000
40,000
積立金
0
0
県難連負担金
25,000
20,00
0
予備費
5,000
10,000

合 計

600,000
750,000

2.機器整備費積立金会計

平成17年度末残高  260,113円

平成18年度積立金     0円

平成18年度利息(見込み)  2円

平成18年度末残高  260,115円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*