喀痰吸引等 第三号研修

直近の開催済み研修 平成29年度第2回 喀痰吸引等 第三号研修(基本研修)のお知らせ
10/21 喀痰吸引等 第3号研修を臨時開催しました
次回開催予定 2018年2月開催を予定しております。近日中に、申し込みのご案内をいたします。

ALS患者の在宅療養において家族の介護負担を減らすために、介護ヘルパーによる一部医療行為の実施を可能にすることが長年議論されてきました。

平成24年4月から「社会福祉士及び介護福祉士法」(昭和62年法律第30号)の一部改正により、介護福祉士及び一定の研修を受けた介護職員等は、医療や看護との連携による安全確保が図られていること等、一定の条件のもとで「たんの吸引等」の行為を実施できることになりました。

この法改正に基づき、主に在宅難病患者に対して、安全かつ適切に喀痰吸引等を実施できる介護職員等を養成することができるようになりました。当支部は、神奈川県の患者団体として初めて登録研修機関として登録され、自ら研修を実施しております。

実施致します「喀痰吸引等三号研修(特定の者対象)」の開催概要は、下記のとおりです。

研 修 内 容
午前 講義 ①   重度障害児・者等の地域生活等に関する講義
講義 ②   喀痰吸引等を必要とする重度障害児・者等の支援に関する講義人工呼吸器に係る緊急時の対応及び危険防止に関する講義経管栄養に係る健康状態の把握及び食と排泄(消化)に関する講義
午後 講義と演習 ③  喀痰吸引に関する講義と演習
④   経管栄養に関する講義と演習
テスト 筆記試験(知識の習得の確認)

研修会の実施時期や申し込みのご案内は当ホームページで行っておりますので、随時ご確認ください。